FC2ブログ
ラーメン大好き夫婦の(主に)長野県内のラーメン食べ歩き記。 平日はほとんど外食できないため、数日前の記事がのることも…どうぞ気長に見守ってあげてくださいm(__)m
湯田中の「仲よし食堂」に行ったら、以前から気になっていたこちらにどうしても行きたくなりました。

「天ぷらラーメン(650円)」
天ぷらラーメン 仲よし
通常のメニューでは「天ぷらうどん」や「ラーメン」はあるのですがこちらは記載なし。いわゆる裏メニューのようです。
あっさりした醤油ラーメンに、丼を覆い尽くす大きなかき揚げがドンと載る姿、美しいですね~
染み出た油がスープに厚みをもたせ、かつ衣のサクサクした部分とスープを吸った部分のコントラストが楽しい。
麺アップ 仲よし
麺は細めの食堂系な感じのもの。メンマの味が濃い目だったのが印象的。

ラーメンに天ぷらという未体験ゾーンにようやく入れました。クセになる要素アリアリです(^o^)丿

【ショップデータ】
仲よし
松本市中条4-5
11:30-14:00 17:00-21:30 日休
「BOND OF HEARTS」の都内出店2店舗目。残念ながら塚田さんはいらっしゃいませんでした。
サイフォン中
サイフォンの目の前に座れました、ラッキー。スープが上に追い出されていく様子は見てて飽きません。

「本枯中華そば(700円)」
本枯中華そば具材プレート 魚雷
選べるトッピングは「鶏チャーシュー、炭火焼豚、姫たけ」をチョイス。ラーメンとは別のプレートで運ばれます。
注目のスープは節の濃度は高いのに魚魚していない自然な印象。そばつゆに似ているといえば似ているかな。
麺アップ 魚雷
麺はカネジン、粒が入った麺でもちっとしています。デフォ唐辛子がそばを感じさせますがめちゃくちゃ合う。
思わず半分ほど食べてしまったところでトッピングに箸を。この流れ、楽しみ方としては面白いですよね。
特に豚チャーシューはスモーキーな香りを放ち存在感大。ヒメタケもシャクシャクしており良いアクセント。

色々な新しい風をラーメン界に吹き込まそうとしている姿が信州人として嬉しいではありませんか。
長野からでも来る価値あり、ですよ(^o^)丿

【ショップデータ】
魚雷
文京区小石川1-8-6
11:00-15:00 18:00-23:00 水休
現在35周年記念として、ラーメン全品480円セールということをやっていました。メニューはこんな感じ

「五目ラーメン(480円)」
五目ラーメン 千両食堂
野菜がたっぷり載ったクリアな醤油色スープのいわゆるタンメン風。ボリュームあります。
麺アップ 千両食堂
麺はかなり細いタイプ、アツアツのスープでも踏ん張ってくれます。時々ダマになっているのはご愛嬌。
具の中で光ったのはチャーシュー。赤身の部分ですが醤油がよくしみたもので老舗らしさが感じられました。

通常のラーメンを頼んでいる常連さんに対して、もったいなあ、などと思ってしまった貧乏性な自分。
「いつまでやっているんですか」、とお尋ねすると「ずっとやるよ」だそうです。お近くの方は是非(^o^)丿

【ショップデータ】
千両食堂
上高井郡小布施町小布施千両854-29
11:00-14:00 16:00-20:00 日休
お昼時とはいえ15人待ちは首都圏並の行列。とても丁寧で確実な店主の手捌きは独特な雰囲気が。

「中華そば(650円)」
中華そば えぐち
甘みの強いスープからは動物系の香りがほっと安堵させるタイプ。飲むと喉でほんわか魚介が香る。
麺アップ えぐち
プツンと歯切れの良い中細麺には軽くウェーブがかかり、若干ソフトながらもスープをよく拾います。
少しレアな感じのチャーシューは柔らかいけどしっかり噛み応えもあるもの。
濃い目の味付けの穂先メンマもタップリ入るのは嬉しい。

食べてみて人気も改めて納得。もう一つの看板でもあるつけ麺もとても気になるところです(^o^)丿

【ショップデータ】
えぐち
大阪府吹田市江坂町1-4-20
11:00-14:30 18:00-23:00(日祝11:00-22:00) 月休(祝翌)
いつものセットは外せません。本当にお得なんですもの。

「セット(750円)」
ラーメン 鳥忠中込店ミニササミカツ丼
ここのラーメンの煮干しの伝え方は本当に独特。ごくシンプルに出汁をとっているのでしょうが、他にはない味。
表層を覆う厚めの油が程よいコッテリ感を与えてくれ、全体にしまったスープにしているんだと思います。
だれやすい細麺もスープをすってくると何かいい感じ(笑)ギシギシチャーシューは家人の分まで奪います。
ミニササミカツ丼の甘いタレとご飯、間にラーメンのスープを啜れば満足すること受けあい。

「餃子(450円)」
餃子 鳥忠中込店
ニンニクの利かせ方が半端でないので、ニンニク好きな方限定のお勧め。ちなみに我が家は虜です。

飾りっ気の全くないラーメンですが、大切にしたい、そしてこれからもずっと守られるべき味かと(^o^)丿

過去レポ→12月19日08.3月24日10月31日5月4日06.1月6日05.11月12日(ショップデータ)
前回は不定休だったのですがその日に撃沈。今は日曜定休となったため計画的に来ることができました。

「煮干しらーめん(680円)」
煮干しらーめん 三代目玉五郎
さすがに煮干しは強くパンチ力あり。動物系は意外に控えめであくまでも煮干しを主役にする構成。
麺アップ 三代目玉五郎
麺はぷりっと弾力のある太めのもの。少しかために提供されるのも嬉しい。
チャーシューはやや小さめながら肉のうまみが伝わるもの。ネギは合うだけにもう少し欲しいかも。
後半、卓上のカツオ粉を入れると期待通りに魚介風味がパワーアップ。つけ麺により合うでしょうね。

機会があれば次回はつけ麺を試してみたいです。大阪でのニボニボ、ようやく堪能できました(^o^)ノ

【ショップデータ】
三代目玉五郎
大阪市北区梅田1-1-3
11:00-スープ切れまで 日休
みそおけさんの情報より、3月いっぱいまでの季節限定メニューが出ているとのこと。
昨年「一信」でも同様のメニューが出ていましたが、どうやらほとんど同じもののようです。

「粉雪らーめん(850円)」
粉雪らーめん 麺屋竹田
ベースの北海道味噌はクセがなく濃いめの味付け。揚げタマネギは面白いのですが、丼の中では少々浮き気味。
麺アップ 麺屋竹田
中太麺は適度な縮れが食感に効果的。さらに太い麺でも食べてみたい気はしますけどね。
粉チーズはやはり溶けやすいので麺に絡めながら食べ進めます。底にとろけるチーズが仕込まれているのは初発見。
いずれもチーズの効果は味噌にはバッチリ合います。また穴あきレンゲは嬉しい配慮。

少々コスト高は否めないもののはまる要素はあり、また暖まれる一杯。暖冬なのが惜しいですよね(^o^)丿

前回レポ→09.8月13日2月15日(ショップデータも)
定刻10分前にオープンしてくれるのは、いわゆる「シャッター組」には嬉しい配慮ですよね。
限定の「焼干し醤油そば」などもすんごく気になったのですが…

「中華そば(700円)」
中華そば カドヤ食堂
少し甘みのある醤油スープは、こだわりの水を使用しているようで、確かに雑味のないすっきりした後口。
麺アップ カドヤ食堂
口当たりのやさしい麺は、あっさり系のスープに対しては鉄板的な存在かつ相性。
白金豚のチャーシューは重厚感をもつもので、味のしみた穂先メンマが二本のるのも嬉しい。ネギ、合いすぎ。

随所の素材にこだわりが垣間見れ、それらをうまくまとめる力があるんでしょうね。できれば再訪してみたいです(^o^)丿

【ショップデータ】
カドヤ食堂
大阪市鶴見区鶴見4-1-18
11:00-15:00 18:00-22:00 月、第3火休