FC2ブログ
ラーメン大好き夫婦の(主に)長野県内のラーメン食べ歩き記。 平日はほとんど外食できないため、数日前の記事がのることも…どうぞ気長に見守ってあげてくださいm(__)m
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GWに入る前に行かなくては、と思い。最近また雑誌に出てましたね。
平日の14時前の来店ではさすがに並びません。狙い目、です。

「つけそば・大盛(750+100円)」
20060502205301.jpg
キリッと〆られた中太麺、ツルツルした喉越しがたまりませんね
濃厚なつけだれも動物系と魚介系のバランスが絶妙。玉葱のアクセントも必須です。
麺とタレの「バランスの良さ」という観点では、ここを凌ぐつけはそうはないでしょう
暑い日には、今後これにシフトしそう(常連さんの中にもつけそばにシフト、多いようです)

店員さんがまた増えていました。今後、2号店、3号店も考えていらっしゃるとか。
ノリにノッっていますが、それに驕らない姿勢、いつもながら感心します(^o^)丿

過去レポ→4月13日3月16日3月6日2月20日2月14日1月26日
12月29日12月27日12月20日12月5日11月5日(ショップデータ)
藤沢のニューウェーブ店。「魚介のみで動物系を一切使わないスープ」が売りです。
閉店間際の入店でしたが気持ちよい接客でホッ。一見さんでも安心できる雰囲気です。
昼と夜とでメニューが異なるようです。あっさり系も興味あったのですが…。

「濃厚とろとろスープのらーめん・出汁入玉子(700+100円)」
20060430001039.jpg
「魚介のみ」ということなので、あえて「こってり」を味わいたくなりました。
メニューによると、鰹、鰯、鯖、昆布、帆立等などから作られているようです。
そのスープ、お~こってりん油っぽさは皆無に等しいのですが、甘味のある濃厚な魚介。
素材からのまったり感が何とも自然で心地よい。中太のコシのあるストレート麺ともよく絡みます。
隠し味的な要素として挽肉が底にありました。ここのみ、動物系を借りていますね^^;
チャーシューはベーコン風の香ばしいもの、青菜も邪魔しない存在、刻みのりは和を演出。
注射器でスープを注入するパフォーマンスが面白い味玉、これも必須ですね。
「一口で食べてみてください、旨いですよ」と女性の店員さんの言われるがまま一口で。
トロ~ンとジューシーな黄味が口いっぱいに広がります。断面を見ずに食べたの久しぶり(笑)

全てにおいて気に入りました。エネルギッシュでパワフルな店員さん、応援したくなります
次回の湘南遠征(いつになるやらですが)、再訪確実、です(^o^)ノ

【ショップデータ】
20060430001053.jpg
藤沢市本町4-9-22
営業時間:11:40-15:00 17:40-21:00
定休日:木曜
やはり家系好き人間としてはここも抑えておきたいところです。
休日ということもあり少し待ちました。店内はまたまたスゴイ熱気です。
厨房は5~6人、作っている方はお若いのですが、スープ、麺の扱い方には年季が入ってます。
最も驚いたのが、流しの女性。十人分くらいのオーダーをズバッズバッと流していきますが、
その口調の歯切れの良さと的確さ、なんてスゴイ能力なんでしょう
流しを受けた厨房内の方が間違えると、それを指摘する場面も。いや、驚きました

「中ラーメン(700円)」
20060429171805.jpg
ラーメンの見た目はやはりよく見慣れたもの(笑)スープの色や香りにも親近感が。
スープは自分の標準の中ではやや薄めの脂やや多目な感じ。総じていい感じです。
麺はここも酒井製麺ですが、モチモチ感が好感。硬めオーダーでしたがもっと硬い方が好みかな。
最も十ロット分を一度にあげていたため、硬さにはブレが生じても仕方ないところ。
チャーシューは肩ロースの柔らかい部分でおいしい。ほうれん草はかなり柔らかめ。

長野では同系列で「吉田家」(や「よし家」)がありますが、本店と遜色ないことが分かりました。
これからも家系頑張ってもらいたいです、by家系大好き人間(^o^)丿

【ショップデータ】
20060429171824.jpg
横浜市神奈川区西神奈川3-1-5
営業時間:11:00-23:00
定休日:火曜 お店HP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。