ラーメン大好き夫婦の(主に)長野県内のラーメン食べ歩き記。 平日はほとんど外食できないため、数日前の記事がのることも…どうぞ気長に見守ってあげてくださいm(__)m
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浅草の老舗。そういえば都内の老舗店ってほとんど行ったことありませんでした。
テーブルのみのお店の雰囲気が素敵。混んでいれば合席が当たり前なんでしょうね。

「ラーメン(600円)」
ラーメン 来集軒
油がかなり多めに浮きますが、これが程よいコッテリ加減。動物系の強いダシはお店の強さを物語っているかのよう。
麺アップ 来集軒
中細の縮れ麺は、加水低めのぼそっと感とシャープな歯切れが特徴的。ちょっと旭川の麺を思い出します。
チャーシューはかたくてギシギシ。噛むと甘い肉汁が染み出してくる。時代を感じさせます。

呑んだ〆にも良さげですがそれではもったいない気すらする一杯。久しぶりに出会えた昔ながらのラーメン(^o^)丿

【ショップデータ】
来集軒
台東区西浅草2-26-3
12:00-19:00 火休
スポンサーサイト
雑誌などでつけ麺の評価が高いお店。2号店が吉祥寺にできているんですね。
「美味しいのに行列が少ないお店」という紹介もされることも。案の定、休日の昼過ぎでしたが待ちはほぼなし。

「つけ麺(790円)」
つけ麺 えん寺
見た目斬新さこそないものの、丼との組み合わせもなんか期待させてくれる色合いではありませんか。
ベジポタ系の中の豚骨+鶏+魚介系。濃いことは濃いのですが、非常に食べやすい。刻みチャーシューは柔らか。
麺アップ えん寺
胚芽入りの太麺は少し灰色がかっています。みずみずしくもちもち。ほくっとした柔軟性もあり小麦の香りも豊か。
卓上にはハバネロ唐辛子が。少しずつ入れましたがかなりの量を入れても大丈夫(熊人でもそうですが:笑)
スープ割りはカウンター上にポットで。魚のあっさりスープを好きなだけ入れられるのは嬉しいですね。

ありそうであまりないタイプ。そんなラーメンをこれからのラーメン屋さんは考えていかなくては
ならない時代なのでしょうか。。大変なことと思いますが食べ手としてはつい期待してしまいます(^o^)丿

【ショップデータ】
えん寺
杉並区高円寺南1-6-11
11:30-21:30LO 水休
本店は新潟ですが、なかなかそちらは行けそうにないので。信州には麺戦記にも来ていただきましたね。

「超濃厚中華そば(750円)」
超濃厚中華そば なおじ
麺少なめにすると味玉がついてきます。盛り付けがきれいですよね、第一印象からなんか隙がないというか。
スープは魚介のがっつり効いたドロドロ系。動物系の重さもギリギリ許容範囲というべきなバランス。
麺アップ なおじ
軽いウェーブのついた太麺は米粉入り。モチモチ感が強いのはそのためなのでしょうか。つけ麺でも食べてみたい。
チャーシューはとろっととろけ、メンマも短冊状だが食べやすい。味玉はやや緩めも刻みタマネギは必須。

いつかは本場で食べてみたい。新橋での朝ラーも課題にしておきます(^o^)丿

【ショップデータ】
なおじ
目黒区目黒1-6-15
11:00-スープ終了まで 無休
暑い季節には辛いものを欲することが多くなりますよね。こちらは目黒に本店をもつ「中国ラーメン」屋さん。

「四川激辛麻婆油めん(780円)」
四川激辛麻婆油めん 揚州商人
以前より麺量が1.5倍になったとのこともあり、かなりのボリュームです。
別皿で添えられる辛味は山椒のピり感が強め。これを入れて初めて激辛に近い感じになる、という辛さの程度。
麺アップ 揚州商人
麺は刀削麺ならぬ「刀切麺」と。確かに太くて不規則な長さとツイスト。もちっとコシもあり気に入りました。
さらに別にスープも添えられ、口直しに最適。ただし後半は少々もてあまし気味になりました。

色々な麺がありますよね。とことん追求してみたい領域ではあります(^o^)丿

【ショップデータ】
揚州商人西池袋店
豊島区西池袋3-25-11
11:00-28:00 無休
日曜定休はハードルが高かったのですがやっと行けました。メニュー筆頭がこちら。

「桜塩ソバ(700円)」
桜塩ソバ 櫻坂
きれいな盛り付けの鶏白湯ラーメン。スープは思いのほかさらっとライト。珍しいといえば珍しいタイプかも。
麺アップ 櫻坂
中細麺はぱっと見大きな特徴がなさそうなのですが、食べてみると思いのほかしっかりした食感と味のある麺です。
メンマは穂先で甘め、ゴマ油と和えてある感じで、単体でもイケそう。バラチャーシューはこの手にはちょい重めめか。

まとまりのある一杯でした(^o^)丿

【ショップデータ】
中華ソバ櫻坂
渋谷区桜丘町17-10
11:30-20:50LO 日・第1月休
六本木の真ん中なのですがちょっと裏に入ったところというのが何か趣を感じます。

「参○伍らーめん(780円)」
らーめん参○伍
ドロッと粘度の高いスープは高濃度な動物系とかなり強めの魚介系のミックス。野菜のとろみもあるのかな。
麺アップ 参○伍
やや平打ち状の太麺はぷりっとしており骨太。ネットリとスープに絡みつくにはこの位の太さは必要でしょうね。
具財はシンプルですが、とろっととろけるチャーシューが意外に合います。ネギは嬉しい箸休め、多めに欲しい位。

一世を風靡したベジポタ系、今後どのような方向に向かっていくのか。楽しみでもあり若干不安でもあります(^o^)丿

【ショップデータ】
参○伍
港区六本木7-13-10
11:30-15:00 17:00-スープ終了まで 日・祝休
「井の庄」の2号店は、最近首都圏ではやりつつあるタンタンメン専門店。辛い系もあるのですがノーマルで。

「濃菜麺(750円)」
濃菜麺
キャベツメインのたっぷり野菜は炒められたてでシャキシャキ、かつとても柔らかく食べやすい処理が施されている。
スープが豚の深い風味。あくまでもスープが主役といわんばかりの濃厚さ、そして存在感。若干オイリーではあります。
麺アップ 濃菜麺井の庄
もちもちの太麺がこの重厚に負けない強さを放つ。小ぶりなチャーシューは柔らかいがしっかり弾力が残ったもの。
卓上には魚粉とカレー粉が。これだけ用意されて飽きるお客はまずいませんよね、普通(笑)

少なくとも県内にはない「タンメン」でしょう。ある意味、「究極のタンメン」なのかも、なんて(^o^)丿

【ショップデータ】
濃菜麺井の庄
練馬区練馬1-6-18
11:00-16:30 17:30-23:30 無休
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。