fc2ブログ
ラーメン大好き夫婦の(主に)長野県内のラーメン食べ歩き記。 平日はほとんど外食できないため、数日前の記事がのることも…どうぞ気長に見守ってあげてくださいm(__)m
コストパフォーマンスの高さと様々なサービスやイベントなどで、あっという間に人気店に登りつめたお店。

「油そば(500円)」
油そば ずくや昌楽スープ ずくや昌楽
ノーマルとカレー味から選べ、かなり迷いましたがまずはノーマルで。右は添えられるスープ。
こってりタレが底に多めに沈んでいるので全体をよくまぜまぜ。ブタの香りのする油が馴染んだところで食べ始めます。
麺アップ ずくや昌楽
麺は細め、この手のものにしては迫力はないものの、チャーシューの塩気がのってくるとワシワシした雰囲気に。キャキャベツはまぜにくいしネギも大きめなのでまぜにくい。しかし逆にかなり独創的な印象を与えてくれるのも事実。
スープにはもやしたっぷり、海苔も大きめ。海苔を三角にカットして乗せるお店には見習ってもらいたいところ(爆)

否が応にも全制覇したくなるメニューがずらり。今後も気になる存在です(^o^)丿

過去レポ→9月12日5月16日(ショップデータも)
新メニューなのでしょうね。ネーミングの由来が全く見当つかないのですが(笑)「濃厚鶏スープ」とのこと。

「尺八(690円)」
尺八 ほた丸
何とも思い切ったビジュアルは「あってりめん」を彷彿。スープからは鶏の強い香りが漂います。
そのスープは思ったほど濃厚さを前面に出さずに、多めの鶏油が支配。特にこのデカイキャベツが鶏油と相性良い。
麺アップ ほた丸
麺は細めのわずかに芯を感じるもの。だれるのが少々早めのためもう少しかためでも良いかもしれません。
チャーシューは変わらず丁寧な処理が施されていそう。

独創的な一杯。「尺二郎」もよく出ていそうですので気になりますね(^o^)丿

前回レポ→09.9月18日(ショップデータも)
昨年いつもの間にそば屋さんになり大変残念な思いだったのですが、いつの間にまたラーメン屋さんに逆戻り(笑)
メニューは多少絞っていますが基本的には以前と同じです。

「魚介醤油らぁめん(700円)」
魚介醤油らぁめん あいぜん
魚介醤油という名前は今でこそそこら中で見られるものですが、5年ほど前で使っていたここは県内で先駆的な存在。
スープは以前より動物系が弱く感じるものの、魚介のさりげなくでも粉に頼らない使い方は以前のここらしさが健在。
麺アップ あいぜん
比較的加水低めの中細麺、プツンとした弾力も健在で嬉しい。これもスープ同様、以前からここが好きな理由の一つです。
チャーシューは食べやすいバラ、少しクタッとしたほうれん草はとても好み。ネギは以前の方が好きだったかも。

ファンにとっては本当に喜ばしい再出発。今後もあいぜんの味、守り続けていってほしいです(^o^)丿

過去レポ→09.9月3日08.3月1日5月6日07.2月8日8月06.3月9月(ショップデータ)05.8月
特注麺を用意してというところからも、今月の限定への思い入れが伝わります。

「自家製スモークとり麺(850円)」
自家製スモークとり麺
スープは基本のとり麺に油を変えているのでしょうか。以前のとり麺よりも鶏濃度が上がっているのが容易に分かります。
鶏チャーシューのスモークフレーバーがスープに面白い変化を与えます。これはあまり体験したことのない感じ。
麺アップ 五色
注目の特注麺。とり麺と軍鶏そばの中間位の太さです。全粒粉の粒々が視覚的に映え、なおかつモチモチ感を損なわない。
あえてチャーシューは後半にいただきましたが、桜チップの王道的な燻製ですが、余分な脂肪分が抜けた脂身がたまらない。
菜の花は季節感あふれるトッピング。シャキシャキの食感がなんともイカしてます。

創作意欲溢れる毎度の限定なのですが、随所に研究熱心さが否が応にも伝わる。楽しませてくれますよね~(^o^)丿

過去レポ→3月19日10.2月13日12月19日8月21日6月19日09.5月23日(ショップデータも)
今月の限定は、ネーミングからしてもいかにもここらしい雰囲気が伝わってくるもの。

「鯖節つけ麺潮角煮のせ(880円)」
鯖節つけ麺潮角煮のせ
節の出し方が常に丁寧、つけダレのまとまりはさすが。ややぬるめなのもここらしい。
「潮角煮」は角煮と呼ぶには薄めですがチャーシューとしては厚いもの。さっぱりと上品な味付けで脂身はじゅわっ。
麺アップ ひづき
歯を跳ね返す力をもつ麺も、噛み応え、食べ応えともに満足いくもの。
スープ割りまでいただくと、アツアツに変化するため最初のぬるさは帳消しできちゃうんですよね~
満足度をいかに食べ手に伝えられるか、その術を知っている店主らしさがこの一杯にもいっぱい現れています。

先月、限定との狭間の時期に伺った際に、めったに食べられない(笑)レギュラーメニューも。

「味噌ラー麺(750円)」
味噌ラー麺 ひづき
そそりたつチャーシューが特徴的なビジュアル。温野菜が盛り土的な役割をしているんですね。
スープは魚の効いた味噌とはこれぞ、というもの。ラードたっぷりの流行系が多かったのでほっとできる味。
麺アップ ひづき
太麺はここらしいぷりっと弾力のある麺。色々な麺がありますがどれも外しがないのもここの大きな特徴。
チャーシューは脂身のあるものとないものの2枚。少しレアっぽくて食べ応えもあり。コスパも○。

限定が定期的に現れるお店ならではの悩みですが、これからもレギュラー、注目していきたいです(^o^)丿

過去レポ↓
10.1月16日12月10月8月6月4月2月09.1月12月10月8月6月
4月3月08.2月12月10月9月6月5月4月07.2月(ショップデータも) 
今月の限定を。月曜限定のつけ麺はいまだチャンスにめぐり合えないため、ここでは初のつけ麺です。

「アサリの白味噌つけ麺(850円)」
アサリの白味噌つけ麺 五色
つけダレは白味噌と鶏、仕上げの黒い線はゴマペースト。どっしりとした鶏にほんのり甘みのある味噌のタッグ。
麺にのるアサリは味噌で下味がつけれられているのでそのまま食べてもイケます。底に沈むひき肉もたっぷり。
麺アップ 五色
麺は基本あつもり。一度冷水で〆たあとにお湯にくぐらせる方法ですので、終始アツアツを保ちつつべたつかない。
むぎゅっとした弾力はここらしく、縮れ具合がよくつけダレを運んでくれる。いい麺を実にうまく扱います。
スープ割りもしっかりいただくと、ここのピュアでクリアな鶏がダイレクトに味わえます。

個人的にはあまり得意でない熱盛りですが、ここのなら喜んで(笑)楽しませてくれます(^o^)丿

過去レポ→10.2月13日12月19日8月21日6月19日09.5月23日(ショップデータも)
湯田中の「仲よし食堂」に行ったら、以前から気になっていたこちらにどうしても行きたくなりました。

「天ぷらラーメン(650円)」
天ぷらラーメン 仲よし
通常のメニューでは「天ぷらうどん」や「ラーメン」はあるのですがこちらは記載なし。いわゆる裏メニューのようです。
あっさりした醤油ラーメンに、丼を覆い尽くす大きなかき揚げがドンと載る姿、美しいですね~
染み出た油がスープに厚みをもたせ、かつ衣のサクサクした部分とスープを吸った部分のコントラストが楽しい。
麺アップ 仲よし
麺は細めの食堂系な感じのもの。メンマの味が濃い目だったのが印象的。

ラーメンに天ぷらという未体験ゾーンにようやく入れました。クセになる要素アリアリです(^o^)丿

【ショップデータ】
仲よし
松本市中条4-5
11:30-14:00 17:00-21:30 日休