ラーメン大好き夫婦の(主に)長野県内のラーメン食べ歩き記。 平日はほとんど外食できないため、数日前の記事がのることも…どうぞ気長に見守ってあげてくださいm(__)m
TOPフリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年の4月よりご愛顧いただいた当ブログですが、管理人の体調不良によりこのたび休止することとなりました。
5年間でアップした記事数は2000を超え、FC2でアップできる容量も限界にきているというのも理由の一つですが…^^;

ご愛読いただいた方々へはこの場をお借りしてお礼申し上げます。
[ブログ休止のお知らせ]の続きを読む
スポンサーサイト
待望の「濃い奴」にようやく辿り着けました。通常のとり麺の2倍の濃度のスープとは期待が高まります。

「とり麺・特濃(800円)」
とり麺特濃
とろっとレンゲを沈めた瞬間にビビッとくるこのスープの重さ。飲んでみて納得。レンゲの重さと濃さがぴったり。
しつこさを感じさせずに万人に濃いと思わせるような鶏。いや、やっぱもう少し早く食べておくんでした(笑)
麺アップ 五色
縮れをしっかりつけた中太麺は、もちっと感を兼ね備える全粒粉入り。首都圏でも流行形の一つですが実に良い麺。
鶏チャーシュー、穂先メンマなど具にも抜かりなし。わずかに残ったスープにはご飯が過ぎりますが我慢。

これからの中信を牽引してくれる存在であることには間違いないと思います。いつまでも応援していますよ(^o^)丿

過去レポ→4月22日3月19日10.2月13日12月19日8月21日6月19日09.5月23日(ショップデータも)
つけ麺系以外のメニューにも興味がありましたがようやく3度目の訪店。

「らーめん(700円)」「まぜそば辛味(750円)」
らーめん 虎心 まぜそば辛味 虎心
「らーめん」は「濃厚らーめん」ではないのですが、何の何の十分濃厚。もう少しでトロミがつきそうな位の粘度をもちます。
動物系のインパクトを魚介が受け流しているよう。モチッと太麺の相性も二重丸。チャーシューはほろっと柔らか。
まぜそばはこってりスープが多めに入ります。野菜をはじめ具が整然と陳列され見た目がきれいですよね。
こちらも太麺でガッツリ。ジャンクテイストの中にも洗練されたまとまりと安心感が得られます。

まぜそば系は今でこそ色々なお店で食べられるようになりましたが、本筋的な味を体験したければ是非ここで一度どうぞ。

前回レポ→08.7月1日07.5月1日(ショップデータ)
浅草の老舗。そういえば都内の老舗店ってほとんど行ったことありませんでした。
テーブルのみのお店の雰囲気が素敵。混んでいれば合席が当たり前なんでしょうね。

「ラーメン(600円)」
ラーメン 来集軒
油がかなり多めに浮きますが、これが程よいコッテリ加減。動物系の強いダシはお店の強さを物語っているかのよう。
麺アップ 来集軒
中細の縮れ麺は、加水低めのぼそっと感とシャープな歯切れが特徴的。ちょっと旭川の麺を思い出します。
チャーシューはかたくてギシギシ。噛むと甘い肉汁が染み出してくる。時代を感じさせます。

呑んだ〆にも良さげですがそれではもったいない気すらする一杯。久しぶりに出会えた昔ながらのラーメン(^o^)丿

【ショップデータ】
来集軒
台東区西浅草2-26-3
12:00-19:00 火休
現在長野が本店ですが、かつては上田駅前で一世を風靡したみそ丸。2号店のとして上田に帰ってきました。
メニューは長野店とほぼ同様。つけ麺は「つけ丸」としてレギュラーに鎮座しています。

「味噌丸・大盛(700+100円)」
味噌丸 みそ丸
かつての上田にあったみそ丸と比べると、あっさり気味でクセがない味噌。チャーシューも特徴は少なめなバラロール。
麺アップ みそ丸
しかし歯に食い込む弾力をもつ太麺に、炒められたてで提供されるたっぷりの野菜、極太メンマ、安心できます。
信州人のDNAを刺激する味噌ラーメンを楽しむには、必要十分な構成をキープしているところが憎いではないですか。

7年前にみそ丸に出会った頃、それはちょうどラーメンにはまる大きなきっかけになったお店なんですよね。
ますます激戦区になっていく上田地区、それぞれ切磋琢磨して頑張っていってほしい。ちょっと感慨深いです(^o^)丿

【ショップデータ】
みそ丸上田店
上田市住吉128-2
11:00-14:30 17:30-23:00(日祝通し) 無休
雑誌などでつけ麺の評価が高いお店。2号店が吉祥寺にできているんですね。
「美味しいのに行列が少ないお店」という紹介もされることも。案の定、休日の昼過ぎでしたが待ちはほぼなし。

「つけ麺(790円)」
つけ麺 えん寺
見た目斬新さこそないものの、丼との組み合わせもなんか期待させてくれる色合いではありませんか。
ベジポタ系の中の豚骨+鶏+魚介系。濃いことは濃いのですが、非常に食べやすい。刻みチャーシューは柔らか。
麺アップ えん寺
胚芽入りの太麺は少し灰色がかっています。みずみずしくもちもち。ほくっとした柔軟性もあり小麦の香りも豊か。
卓上にはハバネロ唐辛子が。少しずつ入れましたがかなりの量を入れても大丈夫(熊人でもそうですが:笑)
スープ割りはカウンター上にポットで。魚のあっさりスープを好きなだけ入れられるのは嬉しいですね。

ありそうであまりないタイプ。そんなラーメンをこれからのラーメン屋さんは考えていかなくては
ならない時代なのでしょうか。。大変なことと思いますが食べ手としてはつい期待してしまいます(^o^)丿

【ショップデータ】
えん寺
杉並区高円寺南1-6-11
11:30-21:30LO 水休
本店は新潟ですが、なかなかそちらは行けそうにないので。信州には麺戦記にも来ていただきましたね。

「超濃厚中華そば(750円)」
超濃厚中華そば なおじ
麺少なめにすると味玉がついてきます。盛り付けがきれいですよね、第一印象からなんか隙がないというか。
スープは魚介のがっつり効いたドロドロ系。動物系の重さもギリギリ許容範囲というべきなバランス。
麺アップ なおじ
軽いウェーブのついた太麺は米粉入り。モチモチ感が強いのはそのためなのでしょうか。つけ麺でも食べてみたい。
チャーシューはとろっととろけ、メンマも短冊状だが食べやすい。味玉はやや緩めも刻みタマネギは必須。

いつかは本場で食べてみたい。新橋での朝ラーも課題にしておきます(^o^)丿

【ショップデータ】
なおじ
目黒区目黒1-6-15
11:00-スープ終了まで 無休
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。